• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が彼を殺した (殺人犯を捜せ LV96)

タイトルは東野圭吾の小説より…。(「私が彼女を殺した」)
先に余談から。
この小説、犯人が誰か書いてないんですよ。話中に散りばめられている手がかりから、3人の容疑者から犯人を読者が各々推理する手法です。
当時はネットでも論争が巻き起こったりで、私の中でもオススメの1品に入る作品です。
ちなみに「どちらかが彼女を殺した」というのもあり、これは容疑者2人バージョン。
ミステリー好きで未読の方にはぜひ読んで、犯人が誰かという意見を聞きたいですな。

そんなミステリーなクエがハルカにも。
特殊クエの『殺人犯を捜せ』です。
リ爺さんが誰かに殺された!
シュ警官に犯人を誰か突き止めてくれと依頼を受けるプレイヤー。
3人の容疑者の証言から浮かんだその真実とは…。


以下、ネタバレを含むので気になる方だけ読んでください。(そんな大したモノじゃないけどね^^;)

容疑者は3人。
ウ・サク、ライ・フク、シュ・ロク
ここで3人に共通する最後の文字に『ク』が付くこと!!
残念、何の意味もありません。


先ずは
第1容疑者:ウ・サク 
(揚州の恋人スキルを教えてくれる人の傍のデッカイヤツ)

証言1

ふむふむ…。
とりあえずコイツの言い分としては、頭を殴られて寝てただけですね。情けない。
でもこんなデカいヤツを後ろから殴れるくらいのヤツってどんだけ~?!
怪しいです。


第2容疑者:シュ・ロク
(南陽城の銀行おっさんがいる建物の裏側あたりのデカいヤツ)

証言2

あれれ?
ここで証言の食い違いが…。
ワンコに足を噛まれた対象が違ってます。
ウ・サクからはライ・フク、シュ・ロクからはウ・サク

まぁコイツも後ろから頭から殴られて気絶してたらしいケド…。
だからこんなデカいヤツを後ろから(以下略


第3容疑者:ライ・フク
(長安城の掲示板の向かいら辺にいる普通サイズのヤツ)

証言3

…コイツ小悪党ですな。
墓穴を掘っています。
日本語にもなっていません。


以下の3つの証言から犯人が浮かび上がりました。
これは単独ではなく、共犯がいる!!
続きはwikiで!!


そんなワケで無事に解決したのですが、正直「どこからそんな結論になったの??」という感想です。
今ブログを書いて整理して考えようとしたのですが、さっぱり分かりません。
またヒマなときにでも考察してみます…。
でもこういうノリのクエは好きよ。


*無理矢理の推理*
ライ・フクはワンコを飼っていない。(長安城に行けば明らか)
ワンコの飼い主はリ爺さんだった。
リ爺さんのワンコはご主人の危機を感じてウ・サクの足を噛んだ。
それをたまたま目撃したシュ・ロク。あのデカい図体を殴れるのはウ・サクしかいない!
…あれ?
やっぱりわからんです。∩(・∀・)∩ モウ オテアゲダネ
もうアレだね。きっと翻訳不足なんだよ!!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私書箱

池袋の私書箱の紹介です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。